クロスステッチ入門

クロスステッチの基本を解説しています。

クロスステッチに挑戦してみてください!!

 

1.クロスステッチとは

 

クロスステッチ刺繍とは、布に刺繍糸をクロス(×××)で刺していき、図柄を作製していく刺繍です。
布1目(2目の場合も)に×を刺していきますが、布目の粗いものから細かいものまで多種あります。
目が細かくて使用糸の色数の種類が多い(多いものは100色以上使用)ほどリアルな仕上がりになります。

 

8ct~18ct(小さなデザイン):初心者向け(Anchor,Dimensionsなど)
14ct,16ct:初心者~上級者(Bothy Threads ,Lanarte(ラナーテ),Design Works,Janlynn,Luca-S,L&L他多数)
18ct,25ct:初心者~上級者(HAED,Tilton Crafts,Mystic Stitchなど)

 

※カウント数については後に記載。

慣れてきたら下のようなな絵画みたいなものに挑戦!
基本やることは同じなので、最初から挑戦してみてもよいですね。

 

コツコツ作業が好き!細かいことが好き!って方はハマること間違いなしです♪
完成した時の感動は・・・!!!。
体験してみてください!

 


2.クロスステッチの準備

 

[必要な物]

 

・図案(チャート)・布  ・刺繍糸  ・刺繍針 
・刺繍枠  ・ハサミ(手芸用のよく切れるもの)・糸通し(使用しない方もいます)

クロスステッチキットの場合はほとんどの場合、図案、布、刺繍糸、刺繍針が含まれているので、刺繍枠、ハサミ、糸通しを自分で用意します。

[布の選び方]


クロスステッチ用の布は、1目が正方形で数えやすいものが向いています。アイーダ(Aida)、ルガナ(Lugana)、エタミン、ジャバクロス、リネンなど。
布の周囲をほつれないように刺し始める前に縁かがりをします。
※当ショップで販売の布はサービスで縁かがりをしてあります。

14ct,16ct,18ct・・・1目2本取り
25ct.28ct・・・1目1本取り
28ct.30ct・・・2目1本、または2本取り(リネンは2目を1目として刺す場合が多いので28ct=14ct,30ct=15ctで計算します)


[カウント数について]


布は、目の粗さをカウント数(ct,count)で表します。
1インチ(2.54cm)の間に何目あるかということです。
カウント数によって、作品の完成サイズが変わってきます。。
カウント数が小さいほど1目が大きく、大きいほど1目が小さくなり、よりリアルな絵が浮かび上がります。
作品の大きさやご自分の刺しやすいカウントの布を選びましょう。

 

布のサイズは、作品の大きさ+余白が必要です。
余白は、上下左右に最低6~10cmは欲しいところです。


[作品のサイズ計算方法]


例えば、ステッチカウントが450W(横)×605H(縦)の作品の場合、
25ctの布1目1本取りで刺したとしたら、
(25ct(25カウント)というのは、目数が1インチ(2.54cm)に25目ある布です。)

 

計算方法は
450W×2.54÷25=45.72cm

 

となります。よって、450W×605Hを25ct布で刺したとするとすると
完成サイズは、45.72×61.47cmになります。
必要な布のサイズは上下左右に10cmづつプラスして
約66×82cmが最低必要な布のサイズになります。

 

18ctの布で刺した場合は、
450W×2.54÷18=63.5cm
605W×2.54÷18=85.37cm
完成サイズは、63.5cm×85.37cmになります。

 

[刺繍糸]


多く使われているのはDMC25番刺繍糸です。
全長8mなので、まず、16等分の50cmにカットし、6本撚りになっているので、1本づつ引き抜いて使います。
2本取りの場合も2本一度に引き抜くと撚れてしまうので、1本づつ引き抜いてから2本にあわせて使います。

 

[針の選び方]


針のサイズは一般的に2本取りは24号、1本取りは26号または28号を使用します。

 

[刺繍枠]


フレームは丸枠またはスクロールフレーム。

 

3.クロスステッチの刺し方

 

針に糸を通します。

糸通しを使って、このまま右に引っ張って糸を針穴に通します。

刺し始め、刺していく順序は特に決まりはありませんが、必ず1目のクロスする糸の方向を統一します。重なる糸の上の向きが\\\または///のどちらかに統一します。
布の右上、左上、左下、左上のどこから刺しても、同じ色をまとめて刺しても、一段づつ刺しても構いません。

 

ちなみに私の場合は、左上から20列20段を目安に同じ色をまとめて順番に刺しています。
その方法で飽きてくると、一段づつ刺してみたりしています(^^;
そして大きめの全面刺しなので、10段10列ごとに0.5mmブルーのフリクションボールペン(アイロンの熱で消えます)で布にガイドラインを引いています。

 

少し離れたところの布の表側から針を刺し(A)、最初の目の左下の所(B)に下から上に針を出します。
///に進み一列終わったら①\\\で戻ってきます。②③
下の段に進みます。刺し終ったら刺し終わりの糸の始末です。

 


糸の始末は裏側でします。
糸が縦目になっているので④、そこに5目くらい針を通し⑤、糸をよく切れるハサミでギリギリに切ります。⑥
最初に少し離れたところから刺した糸も裏側に出し⑦、同じように5目くらい裏目に通して⑧糸を切って完成です。⑨⑩

 

図案を見ながら同じ色をまとめて刺し、色を変えて、同じように刺していきます。
これの繰り返しで、全体を完成させます。